私の得意なことは服装のファッションを考えることです。教え子の時、衣服店舗で三通年アルバイトを通していました。そのなかで自分の好みの衣服以外の産物もとりどり賄うことになり、様々なポリシーのファッションを提案させて頂く転機を得ました。その経験から服装に対する現象全面に関しまして自慢が付いてきました。ユニバーシティ卒業後は、一般的なOLをしながら、ほしい代物があると、帽子屋様や刺繍屋様、Tシャツ屋様などの地方点の代表様に協力していただいて、自分の新鮮代物を製作して楽しんでいます。ファッションを通じて、方という結びつき、方とつながる。これもひとつの自慢かなとも思います。知り合いに私のことを話すって、それは誰でも望めるためはないというようなことを言われますから。わたしがファッションで心がけているのは、何者とも被らないポリシーを確立する現象。ファッションは直訳すると性向から、流れのどぎつい世界中ですが、そのなかでトレンドを取りこみつつも、流されないぶれない中央を持つことが大切かと思います。http://coopandpapa.com/